北海道大樹町とINCLUSIVEおよびINCLUSIVE SPACE CONSULTINGが衛星データの利活用促進を中心とする地域課題解決に関する包括連携協定を締結

INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠 以下「INCLUSIVE」)と、その子会社であるINCLUSIVE SPACE CONSULTING株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:藤田誠、以下「ISC」)は、衛星データを活用した地域課題の解決や「宇宙のまちづくり」の推進などを目的に、北海道大樹町(北海道広尾郡大樹町、町長:酒森正人、以下「大樹町」)と2022年10月25日に包括連携協定を締結したことをお知らせいたします。

包括連携協定について

大樹町は、「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」という目標を掲げ、「宇宙のまちづくり」を推進しています。アジア初の民間スペースポートである北海道スペースポート(以下「HOSPO」)の整備を進めており、国内の民間企業が単体で開発したロケットとして初めて宇宙空間に到達したロケットの開発ベンチャーであるインターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長:稲川貴大、以下「IST」)が拠点としています。

INCLUSIVEはかねてより、HOSPOを運営するSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長:小田切義憲、以下「SPACE COTAN」)に出資するなど、宇宙版シリコンバレーの形成に参画してまいりました。
また、今年の8月にはISCが経済産業省「令和4年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(SERVISプロジェクト)のうち衛星データ利用環境整備・ソリューション開発支援事業」における衛星データの無料利用事業者に採択され、大樹町にて衛星データを活用した実証試験を開始しております。

今回の協定は、INCLUSIVEグループが持つノウハウを最大限に活用して、大樹町の地域活性につながる取り組みをより強力に推進するものです。
具体的には、ISCが大樹町における衛星データを活用した地域産業、行政業務の効率化、省人化の可能性を調査し実証試験を行います。
また、衛星データ利用に限らず、INCLUSIVEが運営する『北海道Likers』などのデジタルメディアを活用した情報発信支援や、グループ会社である株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小山薫堂)の「企画」の力、株式会社ナンバーナイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨、以下「ナンバーナイン」)と共同で制作中の大樹町を舞台とするWEBTOON『晴天のデルタブイ(原作:かっぴー、ネーム:フウワイ、線画:かもとも、着色:ししゃも、背景:スタジオアッツー、編集:ナンバーナイン、制作:INCLUSIVE、ナンバーナイン、監修:IST、協力:大樹町、SPACE COTAN)』を活用した観光支援などを通して、宇宙のまちづくり推進に貢献してまいります。

INCLUSIVE株式会社について

(https://www.inclusive.co.jp/)
INCLUSIVE株式会社は「DXと企画の力で新しい価値を生み出す。」をビジョンに掲げ、メディア企業を中心とした事業会社や、クリエイターのDXを推進する「事業開発会社」です。広告関連事業に加え、個人課金事業やメディア関連サービスのSaaS、地域創生関連サービスを展開しています。

直近ではさらなる新規事業の取り組みとして、衛星を活用してあらゆる産業を効率化する「SX」(スペーストランスフォーメーション)を推進しています。

代表者:代表取締役社長 藤田誠
所在地:東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル3F
資本金:1,216,057千円(2022年6月末現在)

お問い合わせ先:INCLUSIVE広報担当
メールアドレス:pr@inclusive.co.jp

Facebook
Twitter