社名への思い

あらゆる主体が参画し、あらゆるヒト・モノ・コトがメディア化する時代となりました。

 

メディアの在り方が多様化したことで、メディア企業が果たすべき役割も変わってきました。

これまでは、一握りの媒体社が情報を発信し、あるいは集約する機能を提供する事でメディアは運営されてきました。

しかしソーシャルメディアの浸透等、個人の情報発信の場が増加したことにより、全ての人や企業が自由に情報を発信し、消費できる世の中となりました。

更には、IoT時代の到来と共に、今まではメディアと捉えられていなかったモノすらもメディア化する可能性を秘めています。

 

そんな全てのヒト、モノがメディア化する世の中で、メディア企業の役割はもはや情報を発信することに限らないでしょう。

これからのメディア企業に求められているのは、これまでに培った情報を発信、集約するノウハウを活かし、情報を伝えたいヒト・モノ・コトの全てを支え、エンパワーすることだと私達は考えております。

メディア企業には世の中に新しいコミュニケーション・新しい働き方・人々の英知を集約し、支持し、届けるプラットフォームへと変化することが必要とされているのです。

例えばこの考えのもと、私達は新たなメディア企業が携わるべき事業の一つとしてUnited Editorsを設立いたしました。

United Editorsは雑誌、Webなど様々なメディアで活躍しているエディター、スタイリストやクリエイターなどの専門家が参画するクラウド・クリエイティブエージェンシーです。

これまでのメディアの在り方を作ってきたプロフェッショナル達と、これから更に広がりを見せるであろうデジタルメディア上で情報を発信したいと考える企業を繋ぎ、新たな表現方法を提供する事で、より上質な情報がWeb上に流通する支援をしてまいります。

 

私たちは、United Editorsにとどまらず、今後もヒト・モノ・コトのメディア化を支援する新たなサービスを作り続けていきます。

私たちは多様化するメディアの生態系を全てINCLUSIVE(内包)する新たな時代のメディア企業を目指すことで、人々の知的好奇心を刺激する日々を創出していくことを目指しています。