帯広市・競馬モールと連携し帯広市地域活性化プロジェクト始動

持続的な地域情報発信のためのDX支援・情報発信者の育成も

INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠、以下「INCLUSIVE」)は、インターネット勝馬投票券(馬券)購入サイト『楽天競馬』を運営する楽天グループの競馬モール株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:木村 美樹、以下「競馬モール」)、「ばんえい競馬(ばんえい十勝)」を主催する北海道帯広市(市長:米沢 則寿、以下「帯広市」)と連携し、ばんえい競馬の認知拡大を通した帯広・十勝のデジタル情報発信強化を通じた地域振興支援を実施いたします。

今回は『楽天競馬』で「ばんえい競馬」を購入した際の売上金の一部を「ばんえい競馬」存続のための施策に活用する、帯広市と競馬モールによる取り組み「ばんえい十勝応援企画」に参画します。INCLUSIVEは運営するウェブメディア『北海道Likers(ライカーズ)』において、競馬モール・帯広市と連携して「ばんえい競馬」を中心とした帯広・十勝に関する情報の編集・発信を行うとともに、INCLUSIVEがこれまでのウェブメディア運営で蓄積したノウハウを活用し、地元の情報発信者を育成する「発信者育成講座」も提供。帯広・十勝地域在住者を中心とした情報発信者が自発的に取材・編集・発信していく体制と環境を整えることで地域振興を後押しします。

◆北海道に根差した文化・観光資源としての「ばんえい競馬」とは

北海道帯広市でレースが開催されている、競走馬がそりをひきながら力や速さなどを争う、公営競技としては世界でたった一つの形式の競馬です。「ばん馬」と呼ばれる体重1トン前後の馬が、最大1トンにもなる重い鉄そりを曳き、ゴールを目指します。スピードだけでなく、障害物の攻略や馬の体力を温存させる騎手の力量、馬場の水分量などがレースを大きく左右する要素となっており、迫力のあるレースが繰り広げられています。

「ばん馬」は北海道開拓の時代に、農耕馬として活躍した馬であり、歴史的な背景からも北海道に根ざした貴重な文化です。中央競馬市場の盛り上がりを受け、昨今地方競馬への関心も高まっています。「ばんえい競馬」は、帯広市の観光資源としてさらに大きな可能性があり、「ばんえい競馬」を活性化することで、関連事業者(厩舎等)も含めた地域振興に貢献してまいります。

◆情報発信で帯広・十勝地域の関係人口を創出『北海道Likers』での取り組み

INCLUSIVEの運営する『北海道Likers』は、“北海道を愛する人のためのCo-Creation Place”をコンセプトに、北海道のことが大好きな方々へ向け、食、文化、産業、風土そして人の魅力を発信者と共に創り、発信するウェブメディアです。
2020年5月のサイトリニューアルから約1年で月間213万PV、87万MAUを突破し、地域の魅力を発見できる北海道内有数のウェブメディアとして成長を続けています。

サイトURL:https://hokkaidolikers.com/

この発信力を活かし、「ばんえい競馬」に関連する情報発信を強化するとともに、ばんえい競馬の楽しみ方や見どころはもちろん、「ばんえい競馬」を支える人々の想いを伝える支援をしてまいります。
具体的には、「ばんえい競馬」を育む帯広・十勝地域の文化・観光スポットなどの魅力、開催されるレースの展望や楽しみ方、そして「ばんえい競馬」にかかわる騎手や調教師などの人々にフォーカスするなど、幅広い視点から発信していくことで既存の競馬ファンにとどまらず、新たに帯広・十勝地域や「ばんえい競馬」に関心を寄せるファンづくりを支援します。また、「ばんえい競馬」を盛り上げる女性たちの活躍に迫る「ばんえい女子」の企画・コンテンツも発信してまいります。
これらの施策を実現していく為に、『北海道Likers』内では、帯広・十勝特集の連載を開始いたします。帯広・十勝カテゴリを新設し、地域関連情報発信を強化していくことで、関係人口の創出に貢献してまいります。

◆サステナブルな地域創生に欠かせない、地域情報の“発信者”育成

地域創生の取り組みにおいては、地域主体の発信が持続的に行われるための仕組みを作り、情報発信のメリットが地域に還元されるエコシステムを構築していく事が重要です。地域の発信者が当事者として考え、向き合い、発信し、行動する。そして周りを巻き込んでいく—そんな地域による、地域のためのムーブメントが必要だと考えています。

北海道には多くの魅力がありますが、それを伝える“発信者”はまだまだ足りません。
INCLUSIVEはメディア企業として、また発信する人を創る「場」として、情報流通における“非対称性”の解消はもちろん、地域を盛り上げる活動の発信や、学生と自治体・地域企業との連携による事業推進やアイデアの具現化など、つながる未来の創造に全力で取り組んで参ります。

その第一歩として、INCLUSIVEはこれまで、北海道の発信の未来を担う若者を育成する「道民学生ライター育成プロジェクト」を推進し、『北海道Likers』の公式ライターとして活躍する学生を輩出する「ライター講座」を2期にわたって実施してまいりました。ウェブ上での情報発信に関してINCLUSIVEが培ったノウハウを学生に提供し、地域情報が地域学生の手でウェブ上に流通する状況を創出していく、いわば個人のDXの取組みです。

この度の帯広市、競馬モールとの取り組みを通して帯広・十勝の地元の情報発信者を増やすことで、地元住民だからこそ発信できる魅力を外部に伝えながら、地域経済の振興につなげたいと考えております。
今回はINCLUSIVEのノウハウを活用し、帯広・十勝の地域情報や「ばんえい競馬」の発信をするライターを育成する講座を新たに実施いたします。

◆INCLUSIVEの今後の地域活性化における取り組み

INCLUSIVEは今後も、媒体として持つ情報発信力、ならびにウェブメディア運営のノウハウを活用した発信者育成を通じて、北海道各地の情報発信力強化に貢献してまいります。
中長期的には地域情報の発信や発信者育成にとどまらず、地域産業・産品のブランディングや販促支援、あるいは働き方改革やリモートワークの浸透により今後需要拡大が想定される地域移住支援など、様々な地域のニーズに対してデジタルトランスフォーメーションを実現する事でソリューションを提供してまいります。まだ知られていない各地の魅力を各自治体・事業者と連携して広く発信し、関係人口の創出や観光の促進などを通じて、北海道を盛り上げてまいります。

INCLUSIVE株式会社について

https://www.inclusive.co.jp/
代表者:代表取締役社長兼CEO 藤田誠
所在地:東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル3F
資本金:377,647千円(2021年3月末現在)

INCLUSIVE株式会社は、2007年の創業以来、レガシーメディアのDX支援や、新規デジタルサービスの企画・立ち上げ・運営を行ってきたメディアDXエージェンシーです。メディア・事業会社・個人におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じてパートナーとの持続的な共創と地域活性化を実現してまいりました。コンテンツ制作、DX支援、広告運用支援と、インターネットサービス運営に欠かせない全要素をサポートしています。

地域創生をテーマにしたサービスクリエイションにも強みを持ち、北海道の企業や住民が北海道の為の発信やサービスを共創するサービスである、『北海道Likers』の企画・運営や、大阪府内でのローカル情報流通を支援する『枚方つーしん』、『寝屋川つーしん』や地方テレビ局との連携情報サイトの企画・運営等、メディアを中心とした多数の地域での事業創生・支援の実績を有します。
2021年4月には、情報発信に際して大きな先行投資を行えない地域メディアにも、すぐにウェブサイトを立ち上げ、広告による収益化をスムーズに行うことができる『ローカルメディアCMS』をローンチしました。

お問い合わせ先:INCLUSIVE広報担当
メールアドレス:pr@inclusive.co.jp

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter