JICDAQの認証を取得、デジタル広告の「品質認証事業者」に

ブランドセーフティやアドフラウドに対する取り組み

INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠、以下「INCLUSIVE」)は、デジタル広告市場の健全化に取り組む一般社団法人デジタル広告品質認証機構(以下「JICDAQ」)のブランドセーフティ認証と無効トラフィック対策認証を取得いたしました。

JICDAQとは

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(JAA)、一般社団法人日本広告業協会(JAAA)、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の広告関係3団体が、デジタル広告の品質向上に向けて立ち上げた認証機構です。
ウェブサイト:https://www.jicdaq.or.jp/index.html

日本のデジタル広告市場が急速に拡大する中で、クリック数の水増しや不正クリックなどのいわゆる「アドフラウド」の問題への対応や、企業のブランド棄損を防ぐ「ブランドセーフティ」など、デジタル広告の品質確保がより重要になっています。
JICDAQは、インターネット広告の品質課題のうち、デジタル広告関連事業者の「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外(“人”に届いていない広告配信の排除)」と、「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保(明らかに違法・不当な広告掲載先の排除)」に関わる認証基準を制定し、それに沿った業務を適切に行っている事業者を認証しています。

認証取得の理由

INCLUSIVEは、広告主に公正かつ信頼できる広告配信環境を提供し、生活者にとっても安全な広告を配信するため、デジタル広告取引における「アドフラウド」への対策や、「ブランドセーフティ」への対応に取り組んでまいりました。
これらの取り組みにより、デジタル広告関連事業を適切に遂行している事業会社としてJICDAQより認証を受けました。
INCLUSIVEは今後も、広告を出稿していただくクライアントに提供する広告品質の向上に、継続的に取り組んでまいります。

■INCLUSIVE株式会社について

(https://www.inclusive.co.jp/)
IINCLUSIVE株式会社は「必要なヒトに、必要なコトを。」をビジョンに掲げ、メディア企業を中心とした事業会社や、クリエイターのDXを推進する「事業開発会社」です。広告関連事業に加え、個人課金事業やメディア関連サービスのSaaS展開、地域創生関連サービスを推進しています。

代表者:代表取締役社長 藤田誠
所在地:東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル3F
資本金:377,647千円(2021年3月末現在)

お問い合わせ先:INCLUSIVE広報担当
メールアドレス:pr@inclusive.co.jp

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter